白井三二朗の「白黒つけてやるッ」
FC2カウンター



プロフィール

白井三二朗

Author:白井三二朗
漫画家。
代表作は「ジョバレ」(ヤングマガジンアッパーズ)
「Dear Monkey西遊記」
「射鵰英雄伝 EAGLET」(月刊少年シリウス)
現在、ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中。

横浜出身の野球人。虎党。お酒だいすき。

イラスト・漫画
お仕事募集中です。


下記アドレスにご連絡ください。
shirai32row☆yahoo.co.jp(☆を@にしてください)



リンク・1 連載中     『ざしきのののの』

ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中です。  無料ですのでお気軽にご覧ください!

ざしきのののの のののの呪文をクリックしてサイトにとぼう!



リンク・2 白井三二朗の新刊

『ざしきのののの』第1巻  発売中です!

『ざしきのののの』第1巻 画像をクリックするとamazonにいきます



リンク・3 絶版マンガ図書館

絶版マンガ図書館さんから、白井の過去作品『ジョバレ』『Dear Monkey 西遊記』が配信!  画像クリックでサイトに行きます。 

ジョバレ 『ジョバレ』 DearMonkey西遊記 『Dear Monkey 西遊記』



投票コーナー

新しい投票を設置しました!

人気上位のキャラは出番が増える!?



リンク・4 作画中継

コチラにて↓ http://livechat.fc2.com/52021558

WS000001.jpg 画像クリックでも作画中継につながります



リンク・5 twitter

白井三二朗

↑こちらのアイコンから。



リンク・6 単行本紹介



リンク・7 pixiv

ここで描いたらくがきはpixivにまとめてあります。

画像をクリックするとpixivにいきます



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



過去ページ

こちらから各ページへジャンプ!



カテゴリ



月別アーカイブ



Twitter...A

白井三二朗 < > Reload



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
カラーの背景描き
新連載開始に激励のお言葉をたくさん頂きました。
みなさん、ありがとうございます(^^)



第1話では4Pのカラーを描かせて頂きました。
そのカラーのメイキング的なもの↓


B-xoZk5UIAEg0_s.jpg

古風な洋館の学校校舎です。
saiを使って油絵風な塗り方に挑戦しています。

ボブの絵画教室で見たことを思い出しながら、
まずドカッと黒で塗り、そこから明るい部分を浮き出させていく方法。


04_20150317214420017.jpg

実際の写真を見ながら光の加減を調整していきます。



04b.jpg

大変ですが、結構楽しいです。



04 完成のコピー

そしてこれが完成。
カラーページの4枚目。主人公とヒロインが顔を出してますね。



次回の更新の頃には雑誌発売のタイミングになってそうです。
それではまたーーー!






スポンサーサイト
web拍手 by FC2
RQ 霊夢
先日描いたラフを清書した。


reimu-03.jpg


レースクイーン霊夢。
pixivで見かけたこの企画があまりに素晴らしいので、勢いあまって描いてしまった。

こういう裸婦デッサンに近いのはやはり勉強になるわあ・・・
何ヶ所か直しても、まだ直したりない感じ。
修行あるのみだのー。

せっかくなので、レイヤーごとにさらして作業手順を公開しよっか。

使っているのはほとんどがsai。
最後の仕上げだけphotoshopを使っています。








霊夢 01

こないだ描いたラフを、色を変えて下書きレイヤーにします。



霊夢 02

主線を引きました。こないだからsaiで主線を引く練習をしている。
ここがまだ時間かかるので、早くなれればいいんだが、
アナログ線をスキャンした場合でも、ごみ取り作業などがあるので
かかってる時間は同じくらいかもしれない。

最近の絵は細め均一の線が多いのでそっちに寄せたいのだが、
平板になり過ぎないようにさじ加減してます。



霊夢 03

パーツごとにべたっと色塗りした。
バケツツールで一気に塗った上で、鉛筆ツールで微調整。
実際に塗っているときは、赤とか緑とかメリハリのはっきりした色で塗っています。
そうしないとハミ出しとかわかりにくいから。
あとで、全部の色を上のように置き換えました。



霊夢 04

影塗ってます。
下地の元の色を活かしたいときは乗算。どーでもいいときは普通に。
髪の色などは、影部分が全く違う色だと
面白い偶然の配色が出来上がることがあるので、
あえて普通のレイヤーで描きます。



霊夢 05

影部分終わり。
だいぶ仕上がりが見えてきた。



霊夢 06

肌の局所に赤っぽいテカリを足してる。
最近の萌え絵はこれが無いと成立しないっぽい。



霊夢 07

ホワイトや明るい色で白のテカリ部分を足します。
一気にゴージャスになるので好きな作業。



霊夢 08

グループ化したレイヤーを用意して、主線の色を変えます。
肌の主線は肌色が濃いものに、
赤い部分の主線は濃い赤に・・・・といったように。
これをやると、絵が漫画っぽいものからイラストっぽいものに変わります。



霊夢 09

ざっくりと背景を。
当初は色付きのシルエットで考えていたんだけど
色調補正を利用してあれこれ考えていたら、上の完成品のとおり
黒に落ち着きました。
黒が入ると画面がしまるので楽です。



最後に、色調の微調整をして
グロー効果やぼかしを足したら完成です。








たぶん、絵をかかれる方が見たら
これといって変わった作業はしてないと思うんだけど。

この一枚を描くのに4時間かかったのが問題・・・。
もうちょっと早くなりたいよね。








web拍手 by FC2
ろけはん!
新作を描くにあたって、ロケハンをしに行った。

場所をはっきり決めて写真をいっぱい撮ってきた方が
作画が楽になることは間違いないです。




最近はアニメの聖地巡礼とかに見られるように、
現地取材に基づいた場所を作品の舞台に設定することが多い。

先日のクローズアップ現代で、聖地巡礼による地域貢献を取り扱っていたが
あんなものは作品にとって二次的な副産物に過ぎない。
(ま、相当な経済効果を生む副産物だが)

なんにしてもその利潤を見込んで
自治体がかかわるとかはあまり感心できないです。





ロケハンの本当の効果とは、
舞台のリアリティがあることによって作品の質が向上するところにある。


たとえば、学校帰りに告白するシーンがあったとする。

ネームの段階では、普通に公園でいっかーとか考えているわけだが、
せっかく舞台が決まってるんだからその通学路を通ってみる。

すると、思いがけない雄大な樹や、印象的な橋とかがあったりして
これは!と絵作りが変わるわけ。
場合によってはそれによって演出やストーリーの流れまで変わることもありうる。

こういうことがあると作品の生命力みたいなのが上がってくるような気がします。
大事だ。 ウン、ほんと大事。







っていうことでロケハン。

近所で済まそうかと思ってたんだけど、
23区内より、ちょっと外れてた方がなんかいいな・・・・ と思ったので
電車で一本で行ける所沢に決定。

実は白井は、学生時代に所沢で一人暮らししていて、
すごく思い入れのある土地なのだ。


zakki-001.gif


うわっ! 駅舎がすげー新しくなってる!

考えてみればここに住んでたのってもう10数年前だからなあ・・・
イメージとちょっと違ったか?




と思ってたが
zakki-002.gif

ちょっと駅から離れるとすぐこんな調子になった。
うん、これでこそ所沢だ。


新宿・池袋に一本で行ける利便性があるので、とても栄えているんだけど、
一駅外すとすぐにトトロの森になるんだよね。

懐かしさもあったけど、
なにか初心を思い出すような気がして、身が引き締まりました。











web拍手 by FC2
墨の華
絵の工夫の一環で、メインのペン先を丸ペンに変えようと思っているのだが、
なかなか扱いづらい点もある。

zakki-004.jpg




全体的に線は細くなるのだが、
いわゆる「抜き」が甘い。
単に俺の修行不足なのかもしれないが、線がぷつっと切れてしまう・・・・。
細い線を引くというだけならGペンのほうが優れているだろうな。
(個人的にはGペンは万能だと思っている)



にもかかわらず丸ペンに持ち替えてみようと考えたのは、
全体のアベレージが細くなるから。
筆圧が強いので、Gペンだと全部ぶっとい線で引いちゃうんだよね。


俺の漫画の線はほとんど一発描き。
線ってのは重ねる人と一発の人の両パターンがあって、
お互い相容れることはなかなかないのです。



なにはともあれ、丸ペンの抜きの鈍さを改善しなければならん。
ということで使ってみたのが墨汁。

12-02-17_001.jpg
開明の墨の華。水で少し薄めて使います。


コレがなかなか感触がいい。

今まで使っていた製図用インクだと粒子が粗い感じが残っていたのだが、
墨汁は水っぽい滑らかさがある。


インクを変えるという発想が無かったので、これは快感だった。
絵を描く方は試してみるのも一興かもしれません。








web拍手 by FC2
確認を怠った
白井の世代でマンガ家を目指していた人は、みんなその存在を知っていた名著。


manga-zeminaru-02.jpg
藤子・F・不二雄先生のまんがゼミナール



俺が中一か中二くらいの頃に刊行されて
すぐさま初版で買った一冊。
藤子先生のアイディアの出し方、
ストーリーの組み立て方、
マンガ家であるための心構えを説いたスゴイ本だ!







昔は毎日読みふけっていたものなのだが、
さすがに最近は本棚にささりっぱなしになっていた。

そんな折、マンガ家の先輩が
「えっ?  白井、あのまんがゼミナール持ってんの?
前から読んでみたかったんだよ、貸してくれない?」
と言うので、実家に戻ったついでに持ってきて、お貸しした。






――――数日後、その先輩に会って本を返してもらったのだが。



「白井・・・・・・ お前すげーな・・」
えっ?何がっすか?

「だってさ ほらこれ・・・・・」







manga-zeminaru-03.jpg
!?



manga-zeminaru-04.jpg manga-zeminaru-05.jpg
いたるところに傍線が・・・っ!!?




「い、 いいところに線引いてると ププ 思うよ ププ
中学のお前 プププ」



manga-zeminaru-01.jpg

web拍手 by FC2




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。