白井三二朗の「白黒つけてやるッ」
FC2カウンター



プロフィール

白井三二朗

Author:白井三二朗
漫画家。
代表作は「ジョバレ」(ヤングマガジンアッパーズ)
「Dear Monkey西遊記」
「射鵰英雄伝 EAGLET」(月刊少年シリウス)
現在、ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中。

横浜出身の野球人。虎党。お酒だいすき。

イラスト・漫画
お仕事募集中です。


下記アドレスにご連絡ください。
shirai32row☆yahoo.co.jp(☆を@にしてください)



リンク・1 連載中     『ざしきのののの』

ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中です。  無料ですのでお気軽にご覧ください!

ざしきのののの のののの呪文をクリックしてサイトにとぼう!



リンク・2 白井三二朗の新刊

『ざしきのののの』第1巻  発売中です!

『ざしきのののの』第1巻 画像をクリックするとamazonにいきます



リンク・3 絶版マンガ図書館

絶版マンガ図書館さんから、白井の過去作品『ジョバレ』『Dear Monkey 西遊記』が配信!  画像クリックでサイトに行きます。 

ジョバレ 『ジョバレ』 DearMonkey西遊記 『Dear Monkey 西遊記』



投票コーナー

新しい投票を設置しました!

人気上位のキャラは出番が増える!?



リンク・4 作画中継

コチラにて↓ http://livechat.fc2.com/52021558

WS000001.jpg 画像クリックでも作画中継につながります



リンク・5 twitter

白井三二朗

↑こちらのアイコンから。



リンク・6 単行本紹介



リンク・7 pixiv

ここで描いたらくがきはpixivにまとめてあります。

画像をクリックするとpixivにいきます



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



過去ページ

こちらから各ページへジャンプ!



カテゴリ



月別アーカイブ



Twitter...A

白井三二朗 < > Reload



おみごと!サヨナラ決勝!
おおおおおう!

二連続完封だとう!?
矢野さんで初戦勝ったから、当分また世代交代できないかな・・・と心配してましたが、
狩野くんのリードで連続完封やってくれるとは。

岩田・久保というエース級とのコンビとはいえ、
この結果は望外の朗報!

矢野さんにもまだまだ頑張ってもらいたいけど、
狩野!がんばれ!


横浜ファンの深紫'72さん、ゴメンね。







神奈川の甲子園出場校、横浜隼人に決まりましたね。




地元の人にはおなじみの強豪校ですが、
甲子園出場は初めて。
横浜と桐光と桐蔭を破っての、晴れの出場です。
スゲー。
実際、あまり多くの試合は見れてませんが、なんか打線にキレを感じました。



昔はそうでもなかったんですが、
最近の神奈川野球ってガタイがよくって大味なチームが多かった印象。
でも今年の横浜隼人はずいぶんシャープな感じ。

近年の全国制覇校はわりとシャープなタイプのチームの方が多かったから、
なんか期待できそうな気がします。
印象としては常葉菊川のスイングのような。    いいね。




決勝の延長戦で、低目をたたきつけた流し打ちのライナーが、
そのままライトの低位置まで届いた時には思わず大声を上げてしまいました。
「おおおおおおおお!? なんちゅうリスト!!!!!」

素晴らしい。
ありゃ重いバット相当振ってますぜ。






活躍を期待しています。
なんといっても監督が大の阪神ファンで、マークもHTマークにわざと似せてるらしいですからね!

こりゃ無条件で応援せねば。
頑張れ!神奈川代表・横浜隼人!


koukouyakyuu002.jpg







スポンサーサイト
web拍手 by FC2
武侠迷大幇会
以前コメントをいただきました八雲さんから、とあるお誘いをいただきました。
武侠ファンの集いである「武侠迷大幇会」なるものが開かれるそうです。

武侠迷の迷とは、ここでは熱烈なファンのことを意味しております。
金庸先生の射英雄伝を漫画化しているご縁もありますので、自分も誘っていただけたわけです。





とはいえ正直いって、本当の武侠ファンの方にEAGLETが受け入れられているのか・・・わかりません。
相当自分なりに話を進めさせてもらってしまっております。

俺が行っちゃうと空気ぶち壊しちまうんじゃなかろか?
・・・・大丈夫かいな。








と、まあちょっと心配にもなっていたのですが、出席させていただくことに決めました。
割とあっさりと。



そう決めたのも、村枝賢一師匠がやっていたことを思い出したからです。
村枝師匠が「仮面ライダーspirits」を連載開始した当初、
師匠は様々な仮面ライダーのファンの方々との交流を深め、
その縁から、作品執筆にあたって必要不可欠な資料や情報といったものを
数え切れないほど得ていました。
もちろん物質的なものだけでなく、ファンの気持ちや熱意といったものに直接触れるという体験も
師匠は大切にしていたように思います。

そんな姿を見ていたので自分も、
武侠ファンと触れるこの機会をみすみす逃してはなるまいと思ったわけです。







ってなわけで行ってきました、武侠迷大幇会。

中華料理屋の三階を貸しきって、50人超の武侠迷が一堂に会しておりました。



皆さんの話をうかがっていると、興味深いことばかり!
あまり具体的にはここで触れられませんが、
(今後作品で使われるかもしれないので)
気功の意味や武器のノウハウ、南宋時代の中国の文化・風俗・・・・・・
我々の独力では調べられないことを、つぶさに説明してくれる
深い造詣を持った方々ばかりでした。

(初めて作った)名刺を手に、あちこちを回っては
今後も疑問点の相談をお願いしてきましたよ。



そしてなんと、原作である金庸作品の多くを翻訳・監修なさっている
岡崎由美先生も会においでになっておられました。
この機会に挨拶をさせていただきました。




武侠作品への愛の伝わる大宴会でした。


私自身、
このファンの方々に喜んでもらえる面白い作品を描かねば!
と決意を新たにさせてもらった一晩でした。
うん、がんばろう。









ちなみに、EAGLETの作者ということでどんな反応を受けるかとヒヤヒヤしてましたが、

「批判覚悟で来るとは大した根性ですな!ガハハハ!」
と皆さん笑い飛ばしてくれました。

な、なんだこの武侠っぷりは!








話は変わってもう一つ。


つくねちゃんのまがり先生に、バトンやリンクはっていただいたお礼に、
一枚絵を描いて送らせていただきました。

イッツフェイクだ!(ブログ)


その絵、ご好意でブログにあげていただきましたので、
どうぞまがり先生のブログをご覧ください。
画像をクリックしたらそちらへいきます。




あと、今までのらくがきをpixivに絵倉庫としてアップロードしました。
ああいうところにあげるんなら、
できればもっと背景とかもガッチリ描き込んだ絵にしたいんだけどな。

ともあれ、まだ枚数は少ないですが、どうぞそちらもよろしくお願いします。










web拍手 by FC2
次のチャンスには
またループしたよ 涼宮ハルヒ・・・・・・・

一、二回飛ばしてたからまとめて見ようと思ったんだけど、
見ようとしてる回が、前に見たことあるのかないのかわかんね・・・。


記憶力の弱い俺にとっては毎回がまさにデ・ジャヴです。





実際どうなんだこれは!?

繰り返し表現をやりたいんなら、速いテンポにしてAパートとBパート同じことを繰り返す
っていう方法もあるわけで、
てっきりそんな感じでじわじわ繰り返しのリズムが早くなる演出とかあんのかな
とか思ってたんだけど。


そんなこともなく淡々と繰り返してますね。



ま、解決する回がテンポ良くなってくれたら
なんか爽快感が出そうな気がしないでもないから、
がんばって耐えて見続けます。


やっぱり長門が解決に導くんかな?






ところでこれ。

黒風双殺編の途中で描いてたラフですが。


kouyou003a.jpg






・・・・・やっぱり誰だかわかりませんね。


kouyou003b.jpg

お蓉でした。





前回のシリウス8月号はバトルが白熱する展開だったので、
折角だし勢いで髪の毛下ろしたほうが色っぽいんじゃないか、と描いてみたものです。
ってか、実際ネームではお団子がほつれて上の状態になっていたんです。



とはいえ、やっぱり誰なんだかわからなくなりそう。

なので、あきらめてお団子キープで完成させました。
残念。



でも、こういうシルエットの変化って俺は好きなので、
またいつかチャンスを作って
お団子じゃないお蓉の姿をなんとか描いてやろうと目論んでおります。




髪を下ろすシチュエーションとなると・・・・なんだべ。










・・・やっぱりあれか!     ・・・・・お風呂か!









web拍手 by FC2
バトン
以前書いたことがありますように、俺は連載デビューがヤングマガジンアッパーズでした。


そのアッパーズ時代から、現在でも担当してもらっている編集さんがいるのですが、
その方は「魔女っ娘つくねちゃん」のまがりひろあき先生の担当でもあります。


まがり先生は相当な藤子っ子だとか。

俺も藤子不二雄作品は子供の頃に大量に読んでおりますので、
今度いっぺんお話しようということになっているのですが、
全然実現してません。
俺の進行を危惧するその担当が、ちっとも会わせてくれんのですよ。


・・・ちっ!








ってなところに、まがり先生からメールをいただきました。

なにやらバトンとやらを俺に渡すそうで。




まだこういうのってよくわからんのですが、わからないなりにつながせていただきます。

まがり先生、遅くなってゴメンなさい。





☆ルール
・バトンを回したらその人に伝える
・5日以内に書く
・5日以内に書かなかったら×ゲーム有
・回した人がルールを守れているかチェック



…という事ですが強制しませーん。

だそうです。

5日以内!?  
  
忙しくてとても無理でした。
さっくり破って申し訳ない。




○お名前は?

白井三二朗



○回す人5人は?

馬場民雄先生
田中ほさな先生
佐々木ミノル先生
箱宮ケイ先生
直江春巻くん



村枝賢一師匠にも渡そうかと思ったんですが、いつもえらい忙しそうなんで遠慮しました。
ってか、皆さん忙しそうなんですけどね。


○↑記の人達とは、どんなきっかけで知り合った?

みなさんマンガ関係です。




○↑記の中で一番に知り合ったのは誰?

馬場先生ですね。




○五人の良いところは?

マンガを飯の種にするためなら色んなことをうっちゃれる根性

本人は否定するかもしれませんが、たぶん皆さんスゲーこれがあると思います。




○五人を色で例えると?

馬場先生・・・・・・水色。いつもそんな感じの色のタオル持ってたような気がする。
田中先生・・・・・・緑。ミドレンジャーなイメージなのです。
佐々木先生・・・・白。   なぜかな?会った時そんな色の服が多かったような気がするからか?
箱宮先生・・・・・・あの・・・・実はまだ会ったことないんすけど・・・・。ブログのイメージで濃紺。
直江くん・・・・・・・こちらも緑。一時期ガチャピンの携帯もってたからだろう。




○バツゲームは

ありませーん



○五人との出会いは?

馬場先生・・・・・・村枝プロの兄弟子です。10年前に村枝プロの入った時に紹介していただきました。その頃から、しょっちゅうネームを読んでもらっては知恵を借りております。

田中先生・・・・・・俺がサンデーの増刊に読切を持ち込んでいた頃、既にそこで連載されていました。初めてお会いしたのは確か、椎名先生と一緒に村枝先生のところへ遊びに来られた時じゃなかったかな?

佐々木先生・・・・シリウスの盟友でございます。初対面は講談社の忘年会だったと思います。その後も何度か作家で集まって呑んでますね。

箱宮先生・・・・・・だからまだ会ってないんだってば!担当編集が同じよしみでリンクをはらせていただきました。近いうちに初対面を果たしましょう。

直江くん・・・・・・・彼はジョバレ、西遊記のほとんどを手伝ってくれたアシスタント君です。最初から戦力として計算できるアシでしたが、特に西遊記の後半ではめざましい活躍をしてくれました。たしか一番最初のきっかけは岩本佳浩先生の紹介だったと思います。




以上です。

このバトンってどういう役割があるのかな?リンクをたどっていくってこと?

それなら普通のリンクでいいよな・・??
まあいっか。






と、ここで本日はもう一つ。

ようやく完成しました。





eaglet002.jpg

「射英雄伝 EAGLET」第1巻

7月23日(木)発売



よく見ると帯に誤字がありますが、直しといたから大丈夫。


今までの白井三二朗の単行本とイメージが違いますので、ご注意ください。
CGやらデザインやら、いろいろ試しております。


それでは、どうぞよろしくお願いいたします!







web拍手 by FC2
夏の大会!
前回、母校野球部の勝利について書きましたが、
残念ながら二回戦で敗れてしまったようです。

でも延長戦の好勝負を演じていました。
頑張ったようです。後輩たちは。





高校野球には格別の思いがあります。
俺も高校時代は野球部でしたから。




ええ年こいた今では、
勝負事には勝ち負けがあって当然だから
残念な結果が出たとしてもしょうがなかろう
と思えますが、

実際に白球を追っていた当時はとてもそう考えることはできなかったことを覚えています。




特に三年夏の最後の大会。


高校三年間苦しいことに耐えてきたすべては、
その最後の一試合、その一打席、その一球のためにあったんだ!

高校球児は、そんな切羽つまった思いでボールにくらいつくんです。
「勝負事だからしょうがないよ」の一言で片付けられるようなもんじゃない。




だから俺は、負けてしまったけどくよくよすんな、とは言えません。
猛烈に悔しくって当然。真剣に挑戦した結果なんだから、ボロ泣きして当然なのよ。



4000校以上が参加する夏の大会で、その挫折を味あわないのはたったの一校。
厳しいもんです。

でもみんな、この夏のためだけに何キロも走ったり何本も素振りしたりしてきたんだもんな。
結果はどうなるかわからないけど、
とにかくがむしゃらにやるしか残ってないのが三年夏。
三年間の成果を全部たたきつけて、がんばれ球児!



zakki005.jpg

ちなみにこれ。
俺の高校野球最後の整列です。


17年前。     ・・・・・・・じゅっ・・・17年!!??



そら腰のキレも落ちるわな・・・・







web拍手 by FC2