白井三二朗の「白黒つけてやるッ」
FC2カウンター



プロフィール

白井三二朗

Author:白井三二朗
漫画家。
代表作は「ジョバレ」(ヤングマガジンアッパーズ)
「Dear Monkey西遊記」
「射鵰英雄伝 EAGLET」(月刊少年シリウス)
現在、ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中。

横浜出身の野球人。虎党。お酒だいすき。

イラスト・漫画
お仕事募集中です。


下記アドレスにご連絡ください。
shirai32row☆yahoo.co.jp(☆を@にしてください)



リンク・1 連載中     『ざしきのののの』

ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中です。  無料ですのでお気軽にご覧ください!

ざしきのののの のののの呪文をクリックしてサイトにとぼう!



リンク・2 白井三二朗の新刊

『ざしきのののの』第1巻  発売中です!

『ざしきのののの』第1巻 画像をクリックするとamazonにいきます



リンク・3 絶版マンガ図書館

絶版マンガ図書館さんから、白井の過去作品『ジョバレ』『Dear Monkey 西遊記』が配信!  画像クリックでサイトに行きます。 

ジョバレ 『ジョバレ』 DearMonkey西遊記 『Dear Monkey 西遊記』



投票コーナー

新しい投票を設置しました!

人気上位のキャラは出番が増える!?



リンク・4 作画中継

コチラにて↓ http://livechat.fc2.com/52021558

WS000001.jpg 画像クリックでも作画中継につながります



リンク・5 twitter

白井三二朗

↑こちらのアイコンから。



リンク・6 単行本紹介



リンク・7 pixiv

ここで描いたらくがきはpixivにまとめてあります。

画像をクリックするとpixivにいきます



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



過去ページ

こちらから各ページへジャンプ!



カテゴリ



月別アーカイブ



Twitter...A

白井三二朗 < > Reload



時計の秒針
子供の頃から思っていたんですが、
アナログ時計で、
針が一秒ごとにコッチコッチ動くタイプのやつってあるじゃないですか。

あの時計を、突然フッ!て見たとき、

一瞬、針が一秒以上止まっているように感じる・・・・・・・

ってことありませんか?



体感的に1.5秒くらい。
明らかに、時計を見た瞬間の最初の一秒と、
それ以降の一秒とでは時間的な長さが違う――――――ように感じる。

ない!?  そんな経験ない!?







byousinn01.jpg

子供の頃からこの錯覚がすんげー気になってて
いずれ謎を知りたいと思っていました。

つか、大学の卒論で扱おうかとも思っていました。
難しそうだからやんなかったけど。





ふとこないだソレを思い出したんですけど、その時ハッとしました。

「ん・・・・待てよ?ネットで調べればなんかわかるんじゃね?」


そうだ!現代人は世界の叡智と既につながっているのだ!
ゆけ!わが下僕 Google!!!!










この現象にはどうやら名前があるようです。


“Chronostasis” 
   クロノステイシス・・・・・でいいんだよな?



byousinn02.jpg



Chronoは「時」、stasisは「均衡[静止]状態」

針が止まって見える現象に限らず、
この現象に類する、時間的錯視一般をこう呼ぶみたい。

どうやら分野的には脳科学に分類されるとか。
こらあかんわ。しんどそう・・・


認知心理学的な錯覚だと思っていましたが、
もっと脳やら神経やらの生体的な機能と関係があるらしい。











まず、ヒトの眼球の動きの一つに「サッカード運動」 (サッケード運動とも)
っていうのがあるそうです。


サッカード運動とはなにか。

人が何かものを見ようとするとき、
素早く眼球を動かして視点を移動する運動を行っているわけですが、
その眼球運動のことをサッカード運動と呼びます。

下の二つの丸印を、一つずつ順番に見てください。













                                              ●



左側の○から右側の●を見ようと注視点を動かし、目玉をグリッとさせましたね?
その「目玉グリッ」がサッカード運動です。

この眼球運動は、何かものを見るたび、日常的に行われています。
いまブログを読んでいるときも、改行のたびにサッカード運動しているわけ。



この運動は非常に重要な役割を担っています。

人間の視野(およそ210゚)のうち、正確にものの形を情報処理できるのは
ほんの数度だけなのです。
そこからズレたものは視野に入っていても形を捉えられない。


したがって、
サッカード運動によって、こまめに注視点を移動させないと
ものの形を正確に「視る」ことができないのです。









この生理現象には、ある特徴がございまして。




サッカード運動中は目玉からの視覚信号がストップされております。
その間、物が見えない状態になっているのだそうです。

なぜなら、
かなり急激な運動なので、景色を見続けていると目が回っちゃうから。


―――――この視覚信号のストップは、わりと簡単に実感できます。

鏡を用意して、そこに写ってる自分の右目を見る。
で、続けて左目を見る。

当然目玉はグリって動いてるはずなんですが、その動きを
自分で見ることができない・・・・・・・・




え!本当?   やってみた。   本当だ!

byousinn03.jpg
一瞬ピントが外れたみたいにぼやけたようになって、
結局止まってる目玉しか見れないっ

つまり素早く目を動かしてる時は、なんにも物は見えていない、ってことなのか。






さて、このサッカード運動。

実に一日およそ90万回おこなわれています。
一日のうち約90分間は何も見えていない状態になっている
という計算になるそうです。        マジ?



しかし、私たちは別にそんなこと意識したことはありませんよねえ。
―――――なぜか。

そこに、脳の働きがかかわっています。
脳はその欠けている間の画像を、前後の画像をもとに補填しているのだそうです。


つまり、遮断されてしまった視覚情報を、脳の方で後から付け足してくれているという・・・・
う~ん、さすがは脳みそ。










このような、脳による知覚の補填というのはわりと他にも例があります。


人間にはどうしても視覚によって視ることのできない点、「盲点」というものがありますが、
その区域は周囲からの情報などによって脳が補填することによって、
画像として見えないはずのところも「視えて」います。

byousinn04.jpg

(これについてはこのサイトを見ると面白かった)


これが空間的な補填ならば、サッカード運動の方は時間的な補填ということか。










まとめると、

狭い視野を補うために、人の眼球は頻繁に高速移動している

しかしそれだと目が回ってしまう

それを防ぐために移動中の画像は脳に送られない

その間の映像は脳が後から付け足している


と、こういう仕組みがあるわけ。




さて、ようやくここでお話は戻ります。
時計の秒針が止まったように見えるのはなぜか?



この、脳による時間的な補填が答えです。

こういうメカニズム。


時計を見るために眼球運動が行われる

その間の視覚情報がストップされる 

―――眼球運動中―――  (この途中で秒針が動いたとする) 

視点が定まる

脳が映像を補正する 

秒針が次の一秒を刻む 



正しい1秒間は  なのですが、
脳による映像補正は  で行われてしまっています。

そう、ちょっとだけ補正分が長くなってしまうことがあるのです。










アレに似てるんじゃね?
MDウォークマン。

MDウォークマンって、音とびしてもちゃんと聴こえるように、
前後の音を記録してて
音とびしてる間それを流すって事してたでしょ。

あれが、補正しすぎて 「ビブラートがワンテンポ多くなっちゃったよ!」みたいな

そんな感じってことかいな?






時間的にはだいたいサッカードの持続時間+50ミリ秒ほど。
その時間ぶん、最初の一秒にはプラスされとるっちゅうわけですか。

たぶん、
視点を移したとき、常に同じような
時間を引き延ばした現象は起こっているのでしょうが、
対象が時計の場合
正確に時間の長さが認識されて、次の一秒と比較してしまうので
特別にこの錯視が意識されやすくなってしまうのでしょう・・・・・。


byousinn05.jpg



ネットをたどりながらの素人の理解ですので、正確な回答ではないかもしれません。
その点、どうぞご容赦ください。

ちなみに以下のページを見て書かせていただきました。
http://pooneil.sakura.ne.jp/archives/cat/chronostasis.php
http://homepage.mac.com/yamatatz/iblog/C2092224209/E20060420164119/index.html
http://diary.nbjc.jp/archives/140179.html







だいたい理解できました。



と、いうことはだ。

サッカード運動を起こさないように、ゆ~~~っくり時計を見れば
秒針が止まって見える現象はなくなるってことか






・・・待て・・・    時計を見る時ってのはたいがい急いでる時だろうがっ!








スポンサーサイト
web拍手 by FC2
コードギアス 反逆のルルーシュ
すげー今更ながらですが、
レンタルDVDを借りて「コードギアス 反逆のルルーシュ」
をイッキ見しました。


面白いよって話は聞いていたので、早いとこ見ねばと思っていたんですが、
期待にたがわず面白かったです。


zakki018.jpg
パソコンで観てます。




細かいエピソードのネタそのものは割とオーソドックスなものもあるので、
ちゃんと見てれば先の展開が読めておかしくないはずなのに、
なんか予測がつきにくいんですよね。
ネタ振りとかもしっかりあるのに。

並列したネタを同時進行させたりして
起承転結の形をわざと見づらくしてるからかな?
そういえば同じ谷口悟朗監督のスクライドとかも同じ印象を受けました。
こういう描き方って、
ドラマがなんかリアルに見えるからいいです。

現実っぽいっつーか。





俺って不器用で、そういうタイプの話作りができないから、
あこがれますね~。

俺の描き方って「ネタふって!オトす!」
ってだけだからな!





というわけでついに第25話・最終話。

宿命のライバル同士が向かい合って引き金を引・・・・・



と、ここで終わりました。

       お?      なんだなんだ!?





・・・・って、「続きは『コードギアス 反逆のルルーシュR2』にて!」だと!?
引いたってことかよおう!!??



くそっっ!ネーム中だってのに!


思わずもうR2借りてきちまったじゃねえか!!













web拍手 by FC2
ジャングル大帝
今、単行本の準備で大忙しです。

でも、仕事しながら映画やらHDDに入ってたやつやら観てます。

こないだテレビでやってた「ジャングル大帝」とか、
レンタルで借りてきた「パコと魔法の絵本」「ジャンパー」「ミラクル7号」



やっぱり、仕事しながらであろうと色々見るのはイイです。

作劇について身につまされることがあったり、
アイディアを出す刺激をいただけたり。

ともかくいろいろエネルギーをもらえます。





zakki014.jpg

というわけで、ジャングル大帝。
白黒のままでも十分イケる。(当たり前か)

中学生くらいの頃に手塚作品は読みたおしました。



フジテレビでやったジャングル大帝、
エンディングにでも、雄雄しく成長したレオのワンカットが見たかったですね。












web拍手 by FC2
おめでとうございます
昨日はがっぷり酒を飲んだので
腹がもたれております。



ジョバレ・西遊記とたくさん手伝っていただきました、渚ミナミ先生が、
単行本を出されたのでおごってくれました。
ゴチになります!

せっかくゴチになっていたのに、
渚先生の新作について
みんなであーだこーだ好き勝手に話を広げちゃってごめんなさい!
すごくかわいらしい女の子なのに設定上は40過ぎの熟女というマンガを
うれしそうに描く渚先生に乾杯。


zakki013.jpg

っつって既に散々食いちらかしとる


えっちなのはいけないと思いますが
ロリ熟女に興味がある18歳以上のキミは
渚ミナミ先生のマンガを買おう。










web拍手 by FC2
CSへ!


おい おい おい!






きたよ阪神っ

気がつけば三位!






まがりなりにも

CS進出圏内!


まあかなりヤクルトの不調に助けられているといえばいるのだが




若手の台頭と

安定した勝利の方程式



きたでコレ!







考えてみれば五月頃

近年のペナントは

八月九月に調子上がらないと

意味がないって

書いたけど、


まさか本当に

この時期に状態

上げてくるとは思わなかった!







なに?

大文字ばかりで見にくい?



知るか!







岩田・久保・能見

の三本は安定感があるし、

アッチソンと球児は

前半戦で酷使していないから

元気いっぱい!




今季の監督の所信表明にあった

先発陣の投球回数増加を

貫いてきたおかげです!











以前真弓監督の

やろうとしている野球が

まだ見えないと

書きましたが、

一つ思ったことが。










ちょうど先週の

下柳投手が

投げていた時のこと。


調子が悪かったので

二回でマウンドを降りました。





コレにはたまげました。







まだ一点差で、

シモさんならまだ

ここから粘ることも

ありえるだろうと

思えたからです。






しかしそこを替えた。







時期的なこと、

その時の状態なども

もちろん考慮に

入るのでしょうが、

この時感じたことは、

真弓監督は結構

臨機応変に

采配を変化させる

タイプなのかな、

ということです。









勝つために

一番効率的な方法

というのは、

自分たちの

勝ちパターンというものを

確立すること。







しかし、時にはそれが

あだとなることもあります。

勝ちパターンを

信頼しすぎるあまり、

状態が良くない時も

その形に

こだわってしまうのです。










厄介なことに、

それで負けても

「ウチの形で

負けたんだから

しょうがないよね」

となってしまう。



負けた時の

言い訳ができてしまう・・。








それに対して

自分たちの

パターンであろうと

「まずいな」

と思ったときには

転換できる、

というのには

非常に大きな勇気が

必要になります。

後で言い訳がきかない

のですから。




しかし、本当に勝てるチームは、

やはりこの勇気を

持っているものだと

思います。











まだ一年目ですので、

はっきりとはわかりません。




が、もし真弓監督が、

その勇気を持った監督

であるのならば、

阪神の野球は

間違いなく

一歩進むことができるんじゃ

ないでしょうか?










さあいよいよペナントも最終盤!


赤星が怪我したりブラゼルがまだ帰ってきてなかったり
六人目の先発がいまだに見つからなかったりしてはいるが


行けるとこまで頑張って

いってもらおうじゃないか!



頑張れ阪神












あまりに熱っぽく書いてたら、画像を入れるスキがありませんでした。

とりあえずコレ。





前に描いた習作。
なんのキャラというわけでもありませんが、
前に俺の中でヴァンパイアばやりだった頃の名残りですな。

コウモリとキバ。










web拍手 by FC2