白井三二朗の「白黒つけてやるッ」
FC2カウンター



プロフィール

白井三二朗

Author:白井三二朗
漫画家。
代表作は「ジョバレ」(ヤングマガジンアッパーズ)
「Dear Monkey西遊記」
「射鵰英雄伝 EAGLET」(月刊少年シリウス)
現在、ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中。

横浜出身の野球人。虎党。お酒だいすき。

イラスト・漫画
お仕事募集中です。


下記アドレスにご連絡ください。
shirai32row☆yahoo.co.jp(☆を@にしてください)



リンク・1 連載中     『ざしきのののの』

ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中です。  無料ですのでお気軽にご覧ください!

ざしきのののの のののの呪文をクリックしてサイトにとぼう!



リンク・2 白井三二朗の新刊

『ざしきのののの』第1巻  発売中です!

『ざしきのののの』第1巻 画像をクリックするとamazonにいきます



リンク・3 絶版マンガ図書館

絶版マンガ図書館さんから、白井の過去作品『ジョバレ』『Dear Monkey 西遊記』が配信!  画像クリックでサイトに行きます。 

ジョバレ 『ジョバレ』 DearMonkey西遊記 『Dear Monkey 西遊記』



投票コーナー

新しい投票を設置しました!

人気上位のキャラは出番が増える!?



リンク・4 作画中継

コチラにて↓ http://livechat.fc2.com/52021558

WS000001.jpg 画像クリックでも作画中継につながります



リンク・5 twitter

白井三二朗

↑こちらのアイコンから。



リンク・6 単行本紹介



リンク・7 pixiv

ここで描いたらくがきはpixivにまとめてあります。

画像をクリックするとpixivにいきます



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



過去ページ

こちらから各ページへジャンプ!



カテゴリ



月別アーカイブ



Twitter...A

白井三二朗 < > Reload



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
マンガができるまで・5
さて、ふたたび話は戻って、マンガができるまでの特別企画です!
前回、ようやくネームが完成したのでいよいよ作画ですね。




<コマ割り・アタリ>

白井は原稿用紙にはアイシーの漫画原稿用紙を使っております。


これまで黒風双殺の回を使って説明してきたから
できれば作画もそこを扱いたかったのですが、
さすがに画像を残しているわけではないので断念。

現在発売中の号の1枚を例にとって紹介していきましょう。


manga-kakikata009.jpg



まず最初にコマを割って、
次にキャラクターの配置のアタリを取ります。


自分の場合、
意外とコマのサイズには気を配っていますね。

コマの大きさが5mm違うだけで、
なんだか演出が違ってくるように感じるからです。








この後、下書き・ペン入れと作業が続きますが、
理想的なのは、それぞれの作業を一気にやること。

40枚あったら、
アタリまで40枚一気にやって、
次に下書きを40枚一気に、次にペン入れを40枚一気にやるわけです。


そうすると、作業効率が良くなって早いというだけではありません。
絵や線の質も上がってきます。
たとえばペンさばきなどは、
描けば描くほど指先になじんできて、迷いのない線が引けるようになるのです。

逆に、作業中に間を挟んでしまうと、なじんできたペンさばきは失われてしまう。
どんなに手さばきが快調になってきても、一晩寝ると元に戻ってちゃうんです。



これはどの作家も経験してるんじゃないかと思います。
だから、できることなら同じ工程を一気にやりたいんですね。







・・・・・・ところが・・・・・   これはやっぱり「できれば」の話。

実際には時間的な問題で1枚ずつ急いで描かないといけないのが現状です。
なかなか理想どおりにはできてなーい!


反省反省。
ホントこの企画始めてみたら、身につまされてばっかりだなあ、俺!













スポンサーサイト
web拍手 by FC2




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。