白井三二朗の「白黒つけてやるッ」
FC2カウンター



プロフィール

白井三二朗

Author:白井三二朗
漫画家。
代表作は「ジョバレ」(ヤングマガジンアッパーズ)
「Dear Monkey西遊記」
「射鵰英雄伝 EAGLET」(月刊少年シリウス)
現在、ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中。

横浜出身の野球人。虎党。お酒だいすき。

イラスト・漫画
お仕事募集中です。


下記アドレスにご連絡ください。
shirai32row☆yahoo.co.jp(☆を@にしてください)



リンク・1 連載中     『ざしきのののの』

ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中です。  無料ですのでお気軽にご覧ください!

ざしきのののの のののの呪文をクリックしてサイトにとぼう!



リンク・2 白井三二朗の新刊

『ざしきのののの』第1巻  発売中です!

『ざしきのののの』第1巻 画像をクリックするとamazonにいきます



リンク・3 絶版マンガ図書館

絶版マンガ図書館さんから、白井の過去作品『ジョバレ』『Dear Monkey 西遊記』が配信!  画像クリックでサイトに行きます。 

ジョバレ 『ジョバレ』 DearMonkey西遊記 『Dear Monkey 西遊記』



投票コーナー

新しい投票を設置しました!

人気上位のキャラは出番が増える!?



リンク・4 作画中継

コチラにて↓ http://livechat.fc2.com/52021558

WS000001.jpg 画像クリックでも作画中継につながります



リンク・5 twitter

白井三二朗

↑こちらのアイコンから。



リンク・6 単行本紹介



リンク・7 pixiv

ここで描いたらくがきはpixivにまとめてあります。

画像をクリックするとpixivにいきます



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



過去ページ

こちらから各ページへジャンプ!



カテゴリ



月別アーカイブ



Twitter...A

白井三二朗 < > Reload



色が乗ると似せやすくなる
原稿を描いているときには、結構いろんな作家さんの漫画を参考にしています。



たとえば
「面白い瞳の描き方だな」とか
「この髪の毛の質感イイな」とかいったようなことを
あちこちから拾ってきては勉強しております。

もっとも、いくら参考にしても
結局自分の絵柄と大して変わっていないことの方が多いんですがね。







とはいえ長いこと絵を描いてるだけあって
なんだか最近、模写が上手くなってきたような気がする。


sarai01_20100928003213.jpg
柴田昌弘先生の「サライ」

に、似てね!?






イヤ確かに昔から柴田先生は大好きで
もともと影響は受けていたんだけれども。

この調子でワンピースの絵柄とか手に入れたら
1億部とか売れますか!?














スポンサーサイト
web拍手 by FC2
200安打
おとといの猛暑とはうってかわって、いきなりの寒い雨。



amefuri01.jpg


パソコンで色を塗る場合、
配色は
とりあえずテキトーな色を塗った後に、
全体のバランスを見ながら色調補正で色を決めています。
だから、いくらでも色を選べるので失敗しません。

でも、カラーインクの手塗りをしていた頃は、
やり直しがきかない分
すごく集中して考えて、勇気を出して色を決めていました。

ああやって背水の陣で色を塗るというのも
時には必要なんじゃないかな、とも思う今日この頃。






って、この絵を描いてる間に
イチローが200安打決めよった!  いともあっさりと・・

今日の朝刊はマートンの200安打だと思っていたんだが・・・
どうやらデイリーだけになりそうですな。














web拍手 by FC2
タブレットのコツ
普段はPhotoshopを使って色塗ってますが、
時々saiも使ってます。




PC上で絵を描くなら
saiでペン入れもやった方が仕上がりが良くなるだろうと思っているのですが、
タブレットで実線を描くのがちっとも上手くならない。

じれったい!!







ってな折り、ネットで見かけたコツ。
タブレットの感知面に紙をしいたりすると適度な抵抗があって描きやすくなるんだとか。



へーーー   間になんか敷いたりしても大丈夫なもんなんだ。

そういえば前に好きな絵師の動作環境を見てみたら
タブレットの上にカッティングシート乗せてたな。



やってみた。
zakki-082.jpg

おお! 描ける・・描けるぞ!







いったいどのくらいの厚さまでいけるんだろう?

ってことで、









zakki-083.jpg

おう! 単行本はさんでも描けるじゃねえか!!
ならこれはどうだ。









zakki-084.jpg

残念、チャンピオンはだめでした。




実際にやってて気付きましたが、
タブレットの感知は直接触れてではなくて
感知する場所の上空にあることで認識してるんだね。
だから、間に挟むものが厚いほど、
感知面から遠く離れてしまうから感知できなくなってるというわけか。

筆圧とかは板の方じゃなくて、
ペンタブの方で感知してるってことなのかな?










そんなこんなで新しいコツを使ってシコシコと阪神的な絵を描いてたのですが。

・・・なんか出来に納得いかね。



なので一部のみ掲載 



hanshin-01.jpg

今度描き直そう。



土曜日からの対巨人・中日6連戦はまさに今年のペナントの天王山です。
次のブログの更新のときにはどうなっていることやら・・・













web拍手 by FC2
金髪先生
もう十年以上前になりますが、好きな深夜番組がありました。


テレビ朝日系列で放映されていた『金髪先生』


タイトルでもわかるとおり金八先生のパロディなのですが、
ロックシンガーで詩人のドリアン助川(現・明川哲也)さんが
毎回洋楽ロックの歌詞を題材に英語の授業をしてくれるという番組。


kinpatsusensei01.jpg

ちなみにこれがその番組をまとめた本。
スゴイ圧力の表紙です(笑)





いちおう英語の慣用句などを授業形式で教えてくれるのですが、
それよりも面白かったのは紹介してくれるバンドの逸話。


たとえばディープ・パープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」

あの名曲はスイスで録音したそうなのですが、
そのスタジオが突然の火事で全焼してしまった。
でも締め切りは近い。
ってんで仕方ないからホテルの廊下でレコーディングしたそうです。

そうやって出来た曲が「スモーク・オン・ザ・ウォーター」。
歌詞をよく読んでみると
「湖畔の向こうでは火事になっている、俺たちはホテルで曲を作ってるぜ・・・」

って、これただの実況中継じゃねえか!
世界的に有名な殿堂入りの名曲が、そんな意味だったとは・・・・
この番組ではじめて知りました。






もっとも、こんな楽屋オチなネタばかりでなく、
ロックシンガーの苦悩も真正面からとりあつかってました。
U2のアイルランド紛争の問題とか、
ニルヴァーナのカートの自殺の話なんかはシビれたよなあ。



人気もあって、深夜番組なのに二年も続いた長寿番組。
できることならもう一度見かえしたいのですが、
毎回アーティストのPVを使っていたために
版権の問題でソフト化できないらしい。

残念・・・・。ケーブルテレビで再放送でもやってくんないかなあ。







ってことでロックお蓉

rock-oyou-01.jpg

















web拍手 by FC2
仕事中2
高校時代もサッカー部で、大のサッカー好きのスタッフM君。
ってことで彼に聞いてみた。


「Mくん的にはザッケローニってどうなん?」

「・・・・イタリア人みたいな名前ですね。」







この子代表監督知りませんでした。

おい!
ひきこもってないでもうちょっと世間と触れあってくれ!(汗)




zakki-081.jpg

さて仕事仕事












web拍手 by FC2