白井三二朗の「白黒つけてやるッ」
FC2カウンター



プロフィール

白井三二朗

Author:白井三二朗
漫画家。
代表作は「ジョバレ」(ヤングマガジンアッパーズ)
「Dear Monkey西遊記」
「射鵰英雄伝 EAGLET」(月刊少年シリウス)
現在、ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中。

横浜出身の野球人。虎党。お酒だいすき。

イラスト・漫画
お仕事募集中です。


下記アドレスにご連絡ください。
shirai32row☆yahoo.co.jp(☆を@にしてください)



リンク・1 連載中     『ざしきのののの』

ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中です。  無料ですのでお気軽にご覧ください!

ざしきのののの のののの呪文をクリックしてサイトにとぼう!



リンク・2 白井三二朗の新刊

『ざしきのののの』第1巻  発売中です!

『ざしきのののの』第1巻 画像をクリックするとamazonにいきます



リンク・3 絶版マンガ図書館

絶版マンガ図書館さんから、白井の過去作品『ジョバレ』『Dear Monkey 西遊記』が配信!  画像クリックでサイトに行きます。 

ジョバレ 『ジョバレ』 DearMonkey西遊記 『Dear Monkey 西遊記』



投票コーナー

新しい投票を設置しました!

人気上位のキャラは出番が増える!?



リンク・4 作画中継

コチラにて↓ http://livechat.fc2.com/52021558

WS000001.jpg 画像クリックでも作画中継につながります



リンク・5 twitter

白井三二朗

↑こちらのアイコンから。



リンク・6 単行本紹介



リンク・7 pixiv

ここで描いたらくがきはpixivにまとめてあります。

画像をクリックするとpixivにいきます



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



過去ページ

こちらから各ページへジャンプ!



カテゴリ



月別アーカイブ



Twitter...A

白井三二朗 < > Reload



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
ひぐらしのなく頃に
いま、馬場民雄先生に(しつこく)薦められた「ひぐらしのなく頃に」読んでるとこ。
原作のサウンドノベル版を(あまりにしつこく)薦められたので、読んでみている。







面白えー!

こりゃあしつこく薦めるのも納得です。
もともと猟奇サスペンスなんて大好物だもんな。

それに、やっぱりなんというか、ことばに力があるというか、
思いのたけをぶつけるときの会話が、とても胸に突き刺さってきて
涙腺を刺激されてばっかりだ。







流行もしばらく経ってしまった、今更のハマリようが恥ずかしいが、
ワクワクしてPCにかじりついている。


higurashi01.jpg



気がつけば、
今年の誕生日は「罪滅し編」をじーっと観ていただけの一日になってしまった・・・。



馬場先生にそう言ったら、「いい一日だね」と言ってくれました。
そうか!? そうなのかー!!??














スポンサーサイト
web拍手 by FC2
ツンとかデレとか
前回描いた委員長がイマイチピンと来なかったので、
新しい絵柄の模索も含めていろいろ落書きしてたんだが・・・





ツンツン委員長ver2
tsun-iincyo-03.jpg


いつのまにかちっとも絵柄の工夫をしていない絵を描いていた。
こんなふうに楽して描いてばかりじゃいけないなあ。










そういえば
西遊記でゴジョウを描いていた時に、
「このキャラはツンデレだ」とあちこちから言われていた。

でも実は、ゴジョウをキャラ設定した当時、
ツンデレ属性が流行になっていたことをまだ俺は知らなかったように記憶している。
(時期的にもツンデレが話題になり始めたばかりの頃だったと思う)



そもそもツンデレってはるか昔からあるキャラクターの行動パターンだしね。
もし流行になってるってことをもっと意識していたなら、
もうちょっと確信犯的なキャラにできてたかもしれない。










ちなみに、拍手コメントで
白井の好きなツンとデレのバランスはどれくらいか、質問いただきました。


・・・・・俺、「あまいぞ!男吾」でも操が好きなんだよね・・・・

そう、主人公のことが「好き」と言ってはばからない
デレ100%が好きですッ!!
















web拍手 by FC2
ツンツン委員長
特に書くことがなかったので
馬場民雄先生が描いてた絵に便乗する。    【企画】ツンツン委員長101120





tsun-iincyo-01.jpg



もちっとアクセントが欲しかった気がする。

でも、安易なアクセントをつけてしまうとかえってバタくさくなるし。


たぶん絵柄だけですでに心地いいアクセントになってるような描き方ってのが
模索されるべきなんだろうな。

















web拍手 by FC2
山梨旅行へ
こないだ、村枝プロの慰安旅行にくっついて山梨の温泉へ行ってきた。




山梨には子供の頃から何度か行っていて、馴染みがないわけではない。

俺の実家は横浜だが、白井家の本家の本家は山梨にあるのだ。
そこにはまだ一度か二度くらいしか立ち寄ったことはないのだが、
村のあちこちに白井が住んでるところがあって、祖父がそこ出身らしい。

父によれば、白井家はもともと武田家の家臣だったとかいう話だ。
俺は全然信じてないんだけど。
他にも、瀬戸内海の海賊をやってて屋島合戦のときに源氏を助けたとかとも言ってたな。
ますます信用ならんわw









というわけで村枝プロの車に便乗。
一路、勝沼へ。

村枝先生は人並み外れた晴れ男で有名だ。
高速道路ではあんなに降っていた大雨も、山梨へのトンネルを抜けたら
カラッと晴れて、すっかり旅行し甲斐のある天候に恵まれることとなった。



意外だったのが、夜景。
高台から眺める甲府盆地の明かりは想像以上に美しかった。
なめていたよ山梨・・・・・

写真に撮ればよかったんだけど、夜景を携帯で撮るのって難しくってあきらめました。
見たい人は 甲府盆地 夜景 で検索かけてくれ。



その晩は山梨ワインを呑みながら村枝先生や仲間とで漫画の話をずーっとしてた。

夜景を眺めながらワインを飲んで歓談・・・・
っていうとまるで石田純一のようだな!

実際には車座になって馬刺し食いながらという実に男くさい状況である。






翌日は車でのんびりと山梨観光。

zakki-092.jpg

忍野八海という、美しい湧水池に行ってきました。
水が非常に澄んでいて、蒼く映る深い水底と白く光る魚のコントラストがすばらしい。

携帯で写真撮ったんだけど、どうみても実際のキレイさを再現できていないのでボツだ!
これも見たい人は検索してみてください。


反省:旅行に行くときはそれなりのカメラを用意しよう。 資料に使えるんだからよう!















web拍手 by FC2
背景を描こう
昨日の朝に、どうにか単行本の修正を片付けた。



一人仕事だったのできつかったー!
追い込みでも人知れずがんばらないといけないってのはしんどいね。

やっぱ持つべきものは仲間だと思うよ(斎藤佑樹的に)







11月9日の記事で強引に見開きにすることにしたこのページ。
zakki-091.jpg

俺が直接やってて過程を追いやすいので、また写真に撮ってみたよ。




さて、まずは間を埋める下描きをしよう。



kakitasi02.jpg
下描きの描き込み度合いは人によって違う。
でも、総じて迷いがない絵のときは下描き線も少なくてすむかな。



kakitasi06.jpg
さっそくペン入れ。
Gペン、カブラペン、丸ペン、マッキー、筆ペン(二種)、ピグマ(様々な太さ)
これら全部を使い分けて描く。
弘法筆を選ばずというけど、漫画家はむしろ状況によってペンを選んでナンボだ。



あんまり白いところがたくさん残っていると、ゴールがまだすごく遠いような気がしてゲンナリするので
一気に大まかなベタだけ塗っちゃおう。
kakitasi07.jpg



kakitasi09.jpg
木はひたすらピグマで点々をうって描く。徹夜の身にはコレが眠い!

kakitasi08.jpg
がんばれ俺。



kakitasi10.jpg
木が終わった。
あとは岩の仕上げと地面の草を描いて、描きモノはおしまい。
強弱のつけやすいGペンと、強弱のつきにくいカブラペンを使い分けて描く。



kakitasi11.jpg
描きモノ終わり。次はトーンだ。



kakitasi12.jpg
すでに削り始めています。
青鉛筆で雲の形の下描きをして(薄い青で描いた線は印刷に出ない)
カッターや砂消しゴムを使いながら雲を表現していく。


村枝プロ時代には「RED」でいっぱい夕焼け空を削ったなあ。

今回の直しの絵を見るとわかりやすいけど、
空のパースがドーム状に弧を描くようなイメージで削っていくと
広い空になるのだ。



kakitasi13.jpg
地平線付近の雲は遠くにあることになるので、どんどん小さく細長くなっていく。

これで削りは完成だ。余分なトーンを一気にはがそう。
キレイな雲の形が突然現れてくるから、これが空を削ってて一番好きな瞬間。












kakitasi14.jpg
気持ちいー!!


最後に、汚れをホワイト(ミスノン)で修正したり、絵のバランスを微調整したりする。



kakitasi15.jpg
完成!


漫画描くのも大変だよね。
スタッフの皆さんいつもご苦労様です!















web拍手 by FC2




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。