白井三二朗の「白黒つけてやるッ」
FC2カウンター



プロフィール

白井三二朗

Author:白井三二朗
漫画家。
代表作は「ジョバレ」(ヤングマガジンアッパーズ)
「Dear Monkey西遊記」
「射鵰英雄伝 EAGLET」(月刊少年シリウス)
現在、ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中。

横浜出身の野球人。虎党。お酒だいすき。

イラスト・漫画
お仕事募集中です。


下記アドレスにご連絡ください。
shirai32row☆yahoo.co.jp(☆を@にしてください)



リンク・1 連載中     『ざしきのののの』

ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中です。  無料ですのでお気軽にご覧ください!

ざしきのののの のののの呪文をクリックしてサイトにとぼう!



リンク・2 白井三二朗の新刊

『ざしきのののの』第1巻  発売中です!

『ざしきのののの』第1巻 画像をクリックするとamazonにいきます



リンク・3 絶版マンガ図書館

絶版マンガ図書館さんから、白井の過去作品『ジョバレ』『Dear Monkey 西遊記』が配信!  画像クリックでサイトに行きます。 

ジョバレ 『ジョバレ』 DearMonkey西遊記 『Dear Monkey 西遊記』



投票コーナー

新しい投票を設置しました!

人気上位のキャラは出番が増える!?



リンク・4 作画中継

コチラにて↓ http://livechat.fc2.com/52021558

WS000001.jpg 画像クリックでも作画中継につながります



リンク・5 twitter

白井三二朗

↑こちらのアイコンから。



リンク・6 単行本紹介



リンク・7 pixiv

ここで描いたらくがきはpixivにまとめてあります。

画像をクリックするとpixivにいきます



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



過去ページ

こちらから各ページへジャンプ!



カテゴリ



月別アーカイブ



Twitter...A

白井三二朗 < > Reload



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
「文学部唯野教授」
筒井康隆 著 「文学部唯野教授」  読了






tadanokyoujyu-01.jpg
<amazonの紹介文>
我らが若き主人公・唯野仁。彼は早治大学英米文学科の名物教授にして、実は隠れて小説を発表している新進作家、何やら不穏な幕開きである。「大学」と「文学」という二つの制度=権力に挑んだ衝撃の長篇小説。










ぼんやり立ち読みするだけのつもりだったのだが、ついうっかり買って読み終えてしまった。


もう20年くらい前に、かなり話題になった本です。
俗物を書かせたら右に出るものはいない筒井康隆に
大学とか文壇とか評論界なんて舞台を与えちゃあ、そりゃ好き勝手やるに決まってますよ。


九つの章に分かれていますが、その中はすべて同じ構成にのっとっております。
前半は唯野教授の大学での日常パート。
後半は唯野教授による「文芸批評論」の講義パート。

この二つのパートは無関係とまで言いませんが、シンクロしているわけでもないので
感想はそれぞれに分けちゃおう。









この主人公の唯野仁という男、
大学教授ではありますが口から先に生まれたような性格。
自分の分野の研究においては割とまじめに取り組んでるみたいですが
素行がテキトーで軽薄だ。

そういやちょっと高田純次入ってるかもなあ。もっとモテなさそうだけど。


先ほど筒井康隆は俗物ばっかり書くといいましたが、
何よりもすごいなと思うのが
その俗物にムダにリアリティがあることです。

思わず気に入ってしまった唯野教授のこの台詞。
研究室にて、とある秘密が露見しそうになって助手と口論になっている一幕。


助手風情に詰られたり言いわけしたりしている自分に、唯野はだんだん腹が立ってきた。(中略)
「待ちなさいよ。君も強引なひとだね。(中略)
だいたいおれはひとの言いわけを聞くのは大嫌いだけど自分が言いわけするのは大好きだから、
命のある限り言いわけして責任のがれをするからね」



これだけはっきり言われるとむしろ好きになってしまうぞ、唯野仁。

こんなセリフをすらりと書くなんて、
きっと筒井先生自身そうとうな俗物なんでしょう。


・・・・・・・いっ、いや いい意味で! (どういう意味だ?)








こんな調子で大学内の教授たちの日常をとことんバカにしている前半パートに対し、
教授の講義内容を描いた後半パートはなかなか難しい内容になっております。


その講義「文芸批評論」。

欧米の文学や小説に歴史があるように、
その文学や小説に対しての「批評」にも歴史があります。

どのように文学を読解するか。 理解・解釈するか。
その方法論の歴史、それが「文芸批評論」の骨子となります。

・・・・・・なんかほんとに大学の授業のレジュメでも書いてるような気分だな。




つまり、小説の評論家たちが編み出した
「物語の読み方のコツ」についての学問というわけなんですが。



これについて、
小説家の筒井康隆が、唯野教授の口を借りて説明してる・・・・
そう、つまり

「書き手の俺からみりゃあ、評論家の読み方はてんでなっちゃいねえなあ! え!?」

っていう視点になっとるわけですよ。
批評を批評してるわけね。
よっぽど自作への評論にイラついてたんだなあ 筒井康隆。







ただ、その論説が面白かったのも途中まで。
後半の講義はグイグイレベルが上がっていって、ついていくのがしんどい!
浅学で申し訳ありません。

筒井先生の博覧強記ぶりにただただ舌を巻くばかり。
やはり物書きたるものハイデガーやサルトルや西田幾多郎くらい理解しているべきなのか。

無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理










いずれにせよ、やっぱり面白い一冊でした。
筒井先生は基本的に書く文章が面白いので、一度読み出すと止まりません。
筒井先生のブログ・笑犬楼大通りとかは、なんとなく眺めてるだけでも楽しくなってしまう。






ああ ただこの一冊で惜しむらくは、
書店での立ち読みで、あとがきを眺めたときに
ついうっかり最後の一文を目にしてしまったことだろうなあ。


またやっちまった。もうやるまい。















スポンサーサイト

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sanjirou.blog42.fc2.com/tb.php/168-c277c0df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*AKB48*前田敦子,大島優子,板野友美,激似 A Vユニット動画!

*AKB48*前田敦子,大島優子,板野友美,激似 A Vユニット動画!
[2010/12/07 17:29] *AKB48*前田敦子,大島優子,板野友美,激似 A Vユニット動画!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。