白井三二朗の「白黒つけてやるッ」
FC2カウンター



プロフィール

白井三二朗

Author:白井三二朗
漫画家。
代表作は「ジョバレ」(ヤングマガジンアッパーズ)
「Dear Monkey西遊記」
「射鵰英雄伝 EAGLET」(月刊少年シリウス)
現在、ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中。

横浜出身の野球人。虎党。お酒だいすき。

イラスト・漫画
お仕事募集中です。


下記アドレスにご連絡ください。
shirai32row☆yahoo.co.jp(☆を@にしてください)



リンク・1 連載中     『ざしきのののの』

ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中です。  無料ですのでお気軽にご覧ください!

ざしきのののの のののの呪文をクリックしてサイトにとぼう!



リンク・2 白井三二朗の新刊

『ざしきのののの』第1巻  発売中です!

『ざしきのののの』第1巻 画像をクリックするとamazonにいきます



リンク・3 絶版マンガ図書館

絶版マンガ図書館さんから、白井の過去作品『ジョバレ』『Dear Monkey 西遊記』が配信!  画像クリックでサイトに行きます。 

ジョバレ 『ジョバレ』 DearMonkey西遊記 『Dear Monkey 西遊記』



投票コーナー

新しい投票を設置しました!

人気上位のキャラは出番が増える!?



リンク・4 作画中継

コチラにて↓ http://livechat.fc2.com/52021558

WS000001.jpg 画像クリックでも作画中継につながります



リンク・5 twitter

白井三二朗

↑こちらのアイコンから。



リンク・6 単行本紹介



リンク・7 pixiv

ここで描いたらくがきはpixivにまとめてあります。

画像をクリックするとpixivにいきます



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



過去ページ

こちらから各ページへジャンプ!



カテゴリ



月別アーカイブ



Twitter...A

白井三二朗 < > Reload



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
『明治断頭台』
huutarou01.jpg

山田風太郎 『明治断頭台』 読了。

太政官弾正台(役人の汚職を調べ糾弾する役所)の大巡察、香月経四郎と川路利良がフランス人美女エスメラルダの力を借りて次々とおこる謎の事件を解明する。明治開化期の社会と新政府を題材にした探偵小説の傑作。 amazon解説文より



明治時代初頭の、検察的役割を担う執務官の物語。
彼らがさまざまな殺人事件を解いていく。
おフランス帰りでギロチンを導入するような革新派だ。
金髪美少女が巫女になったりと、ちょっと時代を先取りしていたりもするぞ。



読み進めてみたんだが、
いまどき懐かしい物理トリックばっかり出てくるもんで最初ちょっと面食らった。
BD7かよっ!みたいな。
不可能犯罪に凝るのはいいんだけど、ちょっと子供だまし的にも見えてしまう。

また、そこまで明治初頭の藩閥体制について詳しくないので、
登場人物がなかなか頭に入ってこない。


つまらなくはないけど、ちょっと読みにくいかな・・・・・




と思っていたが、最終章「正義の政府はあり得るか」―――――

これを読んで評価は一変!
面白かったよ!
推理小説なのでネタは一切出せませんが、
傑作の名を冠するだけのことはありました。

こう考えると、
序盤の推理パートに古めかしい物理トリックを用いていたのも
わざとなんじゃないかと思える。




山田風太郎といえば忍法帖シリーズ。

だが、実は作家生活の後期に書かれた明治物やそのほかの時代小説のほうが
ファンの間では評価が高いらしい。

白井の中でも風太郎ブーム再燃中です。












スポンサーサイト

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sanjirou.blog42.fc2.com/tb.php/215-674e979c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。