白井三二朗の「白黒つけてやるッ」
FC2カウンター



プロフィール

白井三二朗

Author:白井三二朗
漫画家。
代表作は「ジョバレ」(ヤングマガジンアッパーズ)
「Dear Monkey西遊記」
「射鵰英雄伝 EAGLET」(月刊少年シリウス)
現在、ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中。

横浜出身の野球人。虎党。お酒だいすき。

イラスト・漫画
お仕事募集中です。


下記アドレスにご連絡ください。
shirai32row☆yahoo.co.jp(☆を@にしてください)



リンク・1 連載中     『ざしきのののの』

ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中です。  無料ですのでお気軽にご覧ください!

ざしきのののの のののの呪文をクリックしてサイトにとぼう!



リンク・2 白井三二朗の新刊

『ざしきのののの』第1巻  発売中です!

『ざしきのののの』第1巻 画像をクリックするとamazonにいきます



リンク・3 絶版マンガ図書館

絶版マンガ図書館さんから、白井の過去作品『ジョバレ』『Dear Monkey 西遊記』が配信!  画像クリックでサイトに行きます。 

ジョバレ 『ジョバレ』 DearMonkey西遊記 『Dear Monkey 西遊記』



投票コーナー

新しい投票を設置しました!

人気上位のキャラは出番が増える!?



リンク・4 作画中継

コチラにて↓ http://livechat.fc2.com/52021558

WS000001.jpg 画像クリックでも作画中継につながります



リンク・5 twitter

白井三二朗

↑こちらのアイコンから。



リンク・6 単行本紹介



リンク・7 pixiv

ここで描いたらくがきはpixivにまとめてあります。

画像をクリックするとpixivにいきます



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



過去ページ

こちらから各ページへジャンプ!



カテゴリ



月別アーカイブ



Twitter...A

白井三二朗 < > Reload



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
『IT』
スティーブン・キング 『IT』 読了。



スティーブン・キングといえば多くの小説が映画化されているので、
ご存知の方も多いだろうね。

↓のサイトでキング原作の映画を紹介していて、有名なタイトルが多いことがわかります。
スティーブン・キング作品を原作とした映画のベスト5&ワースト5







で、この『IT』。 本作も過去に映画化されています。


IT.jpg


アメリカのとある田舎町で発生する連続殺人事件は、
正体不明のIT(それ)が引き起こしていたものであった。
弟を殺されたビル・デンブロウら七人の少年たちはその真相を知り、力を合わせてITを退治した。

―――――物語はその30年後から始まる。


それぞれバラバラに故郷を離れ、社会的に成功した七人。
彼らの元に一本の電話が入る。
あのITが再び現れて事件を起こしているというのだ。
よみがえる恐怖。
しかし彼らは
少年の日に交わした約束のもと、ためらいながらも故郷に戻ってくるのであった。
もう一度ITと対決するために・・・・・。





っていうストーリーです。
パッと話を聞いただけで「おもろいじゃんか!」と思って早速購入。

ただねー・・・・
長いんだよ。   400p超が4巻。  うへっ。
というわけで、数ヶ月かけてちびちびと読み、ようやく終わった。




感想
面白かったよ!
スティーブン・キングの集大成にして最高傑作と呼ばれるのも納得でした。
『シャイニング』のホラー
『ショーシャンクの空に』の心地よさ
『スタンド・バイ・ミー』の郷愁
その全部が詰まってる感じ。


30年後の舞台が中心になっているのだが、
少しずつ記憶を取り戻していく形で、少年時代に起こった出来事が描写される。
その現在とのシンクロも、緊張感をかもし出していて面白い。

章ごとに登場人物の一人一人へとスポットが当てられていく作りなど、
実に確信犯的である。


キング作品への入門編としてはちょいとボリュームがありすぎるが、
海外小説に慣れた人なら楽しめるんじゃないかな。




ただひとつ気になったのが

<以下盛大なネタバレ>





七人の少年たちの中に紅一点の女の子がいるんだけど、

彼女、ほかの6人とヤッちゃうんだよね。
11歳の時に。



正直、話の展開上で穴兄弟になる必要はあんまり感じなかった。
読んでて「えー!? おいおいおいおい」って思いました。

一応文学的な意味とかはあるのかもしれないんですが、
あれは無い方が
キレイな郷愁のままで終わったと思うなあ・・・・・?









スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sanjirou.blog42.fc2.com/tb.php/301-bdefadf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。