白井三二朗の「白黒つけてやるッ」
FC2カウンター



プロフィール

白井三二朗

Author:白井三二朗
漫画家。
代表作は「ジョバレ」(ヤングマガジンアッパーズ)
「Dear Monkey西遊記」
「射鵰英雄伝 EAGLET」(月刊少年シリウス)
現在、ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中。

横浜出身の野球人。虎党。お酒だいすき。

イラスト・漫画
お仕事募集中です。


下記アドレスにご連絡ください。
shirai32row☆yahoo.co.jp(☆を@にしてください)



リンク・1 連載中     『ざしきのののの』

ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中です。  無料ですのでお気軽にご覧ください!

ざしきのののの のののの呪文をクリックしてサイトにとぼう!



リンク・2 白井三二朗の新刊

『ざしきのののの』第1巻  発売中です!

『ざしきのののの』第1巻 画像をクリックするとamazonにいきます



リンク・3 絶版マンガ図書館

絶版マンガ図書館さんから、白井の過去作品『ジョバレ』『Dear Monkey 西遊記』が配信!  画像クリックでサイトに行きます。 

ジョバレ 『ジョバレ』 DearMonkey西遊記 『Dear Monkey 西遊記』



投票コーナー

新しい投票を設置しました!

人気上位のキャラは出番が増える!?



リンク・4 作画中継

コチラにて↓ http://livechat.fc2.com/52021558

WS000001.jpg 画像クリックでも作画中継につながります



リンク・5 twitter

白井三二朗

↑こちらのアイコンから。



リンク・6 単行本紹介



リンク・7 pixiv

ここで描いたらくがきはpixivにまとめてあります。

画像をクリックするとpixivにいきます



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



過去ページ

こちらから各ページへジャンプ!



カテゴリ



月別アーカイブ



Twitter...A

白井三二朗 < > Reload



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
スタージョン・キャビアの味
書くことが見つからないので、好きな小説の話でも。




Sturgeon03.jpgSturgeon 02Sturgeon 01

シオドア・スタージョン  『一角獣・多角獣』 『人間以上』 『きみの血を』

SFを語ることが出来るほど乱読しているわけではないが、
とても好きな作家の一人。




SFは、大雑把に言うと次の二つに分けられるのだそうだ。
サイエンス・フィクション」と「サイエンス・フィクション
つまり、科学部分に重きをおいた作品か、ドラマに重きをおいた作品か、ということだ。

サイエンス・フィクション」はいわゆるハードSFのことで、
グレッグ・イーガンとかジェイムズ・P・ホーガンあたり。
日本の漫画なら攻殻機動隊や2001夜物語みたいなのかな。

それに対して「サイエンス・フィクション」は人間描写を中心にしていて、
SFアイディアはそれを引き立てるためのものになる。
作家でいえばレイ・ブラッドベリとか。




で、シオドア・スタージョン。
この作家は間違いなく後者。
日本ではあまり有名ではないが、アメリカでは短編の名手として知られており
その文体の美しさは「キャビアの味」と評されるほどだ。
(スタージョンとは、英語でチョウザメの意味で、キャビアはそこにもかかっている)

『一角獣・多角獣』はその切れ味を十分に堪能できる短編集。
「孤独の円盤」や「一角獣の泉」などを読むとご理解いただけると思うのだが、
この作家はとにかく可哀想な人を描くのがうまい。
また、この短編集は詩人でもある小笠原豊樹氏が翻訳しており、これが相性抜群。
キャビアの味を日本風にアレンジしてくれているような気がする。

一般にスタージョンの代表作といわれるのが『人間以上』。
白井もこの作品でスタージョンを知った。
途中から面白くて止まらなくなるのだが、
初めての人はちょっと読みにくい気がする・・・・。
ラノベ風の表紙にだまされた人も多いんじゃなかろうか。
2,3冊読んでから読むのがいいんじゃないかな。 

『きみの血を』はSFではなくてホラー小説に分類される。吸血鬼もの。
だが、これをホラーと呼ぶのはいかがなものか・・・。
ざっくり言ってしまうと、血液を嗜好する精神病者の物語だからな。
レポート形式で物語が展開するので、『アルジャーノンに花束を』とかが連想される構成。
読みやすいようで読みにくい小説なのだが、
そう思って読んでいると終盤であっと驚かされる。




スタージョンは愛の作家とも呼ばれているが、
その悲劇的立場から愛がすべてを解決する、という物語が印象的だ。
上の三冊とも、読み終わった後の感想は「愛って大事だな・・・・」だもんな。
これSF読んだ後の感想か?

奇想作家としても有名です。
少し変わった味のSF小説を読みたい方は、ぜひともオススメ!







スポンサーサイト

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sanjirou.blog42.fc2.com/tb.php/367-e6fe755b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。