白井三二朗の「白黒つけてやるッ」
FC2カウンター



プロフィール

白井三二朗

Author:白井三二朗
漫画家。
代表作は「ジョバレ」(ヤングマガジンアッパーズ)
「Dear Monkey西遊記」
「射鵰英雄伝 EAGLET」(月刊少年シリウス)
現在、ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中。

横浜出身の野球人。虎党。お酒だいすき。

イラスト・漫画
お仕事募集中です。


下記アドレスにご連絡ください。
shirai32row☆yahoo.co.jp(☆を@にしてください)



リンク・1 連載中     『ざしきのののの』

ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中です。  無料ですのでお気軽にご覧ください!

ざしきのののの のののの呪文をクリックしてサイトにとぼう!



リンク・2 白井三二朗の新刊

『ざしきのののの』第1巻  発売中です!

『ざしきのののの』第1巻 画像をクリックするとamazonにいきます



リンク・3 絶版マンガ図書館

絶版マンガ図書館さんから、白井の過去作品『ジョバレ』『Dear Monkey 西遊記』が配信!  画像クリックでサイトに行きます。 

ジョバレ 『ジョバレ』 DearMonkey西遊記 『Dear Monkey 西遊記』



投票コーナー

新しい投票を設置しました!

人気上位のキャラは出番が増える!?



リンク・4 作画中継

コチラにて↓ http://livechat.fc2.com/52021558

WS000001.jpg 画像クリックでも作画中継につながります



リンク・5 twitter

白井三二朗

↑こちらのアイコンから。



リンク・6 単行本紹介



リンク・7 pixiv

ここで描いたらくがきはpixivにまとめてあります。

画像をクリックするとpixivにいきます



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



過去ページ

こちらから各ページへジャンプ!



カテゴリ



月別アーカイブ



Twitter...A

白井三二朗 < > Reload



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
先代の味
PCで下書きや主線を描けるようにと、毎日30分くらい落書きしてる。
ま、仕事に飽きた時の気分転換なんだけど。






zakki-007_20130215002648.jpg

手ブラの女らんま。
上手く描けたー! 
昔、らんまの瞳の描き方を真似しようとしてビデオの静止画を模写してたっけ。






rikiishi 01

バレンタインだけど男らしいのが描きたくなって描いた力石。
一応資料の絵を横に見ながら描いてるけど、
このタッチは迷うことなく手クセでいける。






zakki-009_20130215002649.jpg

2月14日はふんどしの日でもあるので男吾描く!

こうして見ると、何種類かのタッチを使い分けているように見えるが、
どれも昔の漫画なんだよねー・・・。
それもかつて影響を受けたものばかりなので似せるのは比較的楽だ。








絵を似せる、ということに関して、ひとつ思ったことがある。

料理屋で言われる格言だが、
二代目は、初代の味を再現させることができた上で、
さらにそれを越えて初めて「先代の味に似てきたね」と言ってもらえる

のだそうだ。




先代の味、オリジナルの味というものは、とかくお客さんにとって美化されていくものである。
まして過去の思い入れがあったりするとなおさら。

「二代目だろー?」という先入観もマイナスに働いて、
完っ全にコピーしていたとしても
「まだまだ先代のほうが良かったな」と言われるものなのだ。


だから二代目はその味を再現させた上で
さらにその上のオリジナルな美味しさを追求しなければならない。

それをかなえて、初めてお客さんは先代で受けた感動をもう一度体験できる。

お客さんは、
正確な味の再現を求めてるんじゃなくて、
初めて食べた時の感動を再現してほしいんですよ。





これは今見てる料理物のドラマにあった格言なのだが、
とても身に染みてわかる言葉なので覚えていた。

模写するにしても、オリジナルをただ完全にコピーするだけじゃ
そこにオリジナル以上の感動はない。

再現できることを踏まえたうえで、
そこに新しい感動を加えることが大切なんだな!




ってえことを悟るに至ったけれども・・・・。

ま、実現できるかどうかは別の話(笑)









スポンサーサイト

web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sanjirou.blog42.fc2.com/tb.php/380-eac4784d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。