白井三二朗の「白黒つけてやるッ」
FC2カウンター



プロフィール

白井三二朗

Author:白井三二朗
漫画家。
代表作は「ジョバレ」(ヤングマガジンアッパーズ)
「Dear Monkey西遊記」
「射鵰英雄伝 EAGLET」(月刊少年シリウス)
現在、ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中。

横浜出身の野球人。虎党。お酒だいすき。

イラスト・漫画
お仕事募集中です。


下記アドレスにご連絡ください。
shirai32row☆yahoo.co.jp(☆を@にしてください)



リンク・1 連載中     『ざしきのののの』

ホビージャパンwebコミック「コミックダンガン」にて『ざしきのののの』を連載中です。  無料ですのでお気軽にご覧ください!

ざしきのののの のののの呪文をクリックしてサイトにとぼう!



リンク・2 白井三二朗の新刊

『ざしきのののの』第1巻  発売中です!

『ざしきのののの』第1巻 画像をクリックするとamazonにいきます



リンク・3 絶版マンガ図書館

絶版マンガ図書館さんから、白井の過去作品『ジョバレ』『Dear Monkey 西遊記』が配信!  画像クリックでサイトに行きます。 

ジョバレ 『ジョバレ』 DearMonkey西遊記 『Dear Monkey 西遊記』



投票コーナー

新しい投票を設置しました!

人気上位のキャラは出番が増える!?



リンク・4 作画中継

コチラにて↓ http://livechat.fc2.com/52021558

WS000001.jpg 画像クリックでも作画中継につながります



リンク・5 twitter

白井三二朗

↑こちらのアイコンから。



リンク・6 単行本紹介



リンク・7 pixiv

ここで描いたらくがきはpixivにまとめてあります。

画像をクリックするとpixivにいきます



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



過去ページ

こちらから各ページへジャンプ!



カテゴリ



月別アーカイブ



Twitter...A

白井三二朗 < > Reload



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
でじこだにょ
すっかりブログ更新とどこおってるね・・・・。
生存報告ということでまじめに更新せねば。



仕事中にしていた話なのだが、
最近の絵はあっさり目なものが好まれる傾向にある気がする。

リアルに近くなったのかどうかはよくわからないが、
目の書き込みも少なく、髪の毛の造形もシンプルなものが多い。
人気のソーシャルゲーム(アイマスや艦これ)などでは、
メインの絵師は意外と素朴なタッチの人が選ばれているように思う。

そのほうが好き嫌いが減る、という判断なのかよくわからないが、
90年代の絵で育った白井としては、もうちょっと濃くてもいいかな、と思ってしまうねw








で、その場でなんとなく話題に出たので、デ・ジ・キャラットを描いてみた。
90年代代表と言うわけではないが、
細工の多いデザインではある。
・・・・えーと・・・・

ど、どんなんだっけ・・・・・



13-10-05_001.jpg

なんか違うw

っていうか完全に白井のキャラ造形やないか!
そらで描くとこんな程度のものなのだな・・・・(>_<)









ということで、ちゃんと現物の絵を見てリベンジ。



でじこ 01完成


ん、まあこれならいいか( ̄▽ ̄)







スポンサーサイト

web拍手 by FC2

コメント
おお、「でじこだにょ」
やっぱり、主役級キャラとなると・・・・・

持つもの(ヘアアクセサリ、小物)、とか、服装で、そのキャラクターの名前が出てくるものですね、

白井先生のキャラ造形、こげどんぼ先生のキャラ造形・・・・・、奥がふかいっす、

それに、最近多くなってきた、アンソロジー本的に、見ていて面白いです。

多分、あるキャラクターに思い入れの強いファンの人は、アンソロジー本は否定的な存在だと思うけど、

その作品のキャラを使って、色々な話、物語の背景、世界観の広がりから見たらもっと色々出てきてほしいところです。
(同人誌、2次作品、そのキャラクターの背景的な面白さ、作品の中では、語られなかった内容など)

◎まあ、でも、そればっかりで、世界オタク、キャラ・オタクてきに、熱く語られてしまうと、逆に、あまり知らない人に、疎遠になってしまうことがあるので、難しいことなんでしょうね。

・もしかしたら、ゲームの年齢制限 マーク的な、マニアック制限マーク的なものがあれば、面白いかも。
(まあ、その内容は、今ではインターネットの評価ぶろぐ等を見ると、大体わかるようになっている焦がしますけど)

・それに「マニアック制限マーク」は、作者、編集者がつけるのは難しく、第三者から、客観的に見てみて、初めて出てくる内容なのかも・・・・・・

----------------------------
っと、いけないいけない、また、熱く語ってしまいました^^;;;;;;;)すいませんです。
[2013/10/13 20:24] URL | ふう #- [ 編集 ]

Re: おお、「でじこだにょ」
昔はシンプルなものが受けてたんですけど、最近はとにかく凝らないといけなくなりましたね。
わざと実際にある商品を身につけさせたりして、ファンの知識欲を煽ったりもします。
なかなか大変な世の中ですねー。
[2013/10/19 18:05] URL | 白井三二朗 #- [ 編集 ]

なるほど、m(__)mありがとうございます
確かに、昔(手塚先生、永井豪先生、田河水泡先生・・・あげるときりが無いですが)、の漫画のキャラクターの
持っているもの、キャラクタが、かなりシンプルで、単純化されていた気がします(^^;)、

石ノ森章太郎先生のサイボーグ009は面白く、時代時代で、
同じキャラクタで、その時代時代の色(なんていうのでしょうか好み?)が出ていて、面白いと思ったことがあります(^^)

あと、漫画も、対象者(想定読者層)の設定の仕方で、話の構成、キャラクターの持っているものの種類、・・・・・っと色々かくと長くなるのですが(^^;)

>最近はとにかく凝らないと・・・・・

確かに、以前に比べると凝っていると思います(^^;)。
(まあ、なんだかんだ言っても、私はそんなには深く見ていないのですが、(^^;))

まず1回目は、その漫画の雰囲気を楽しむ、2回目はちょっと気になった所を気にしながら楽しむ、3回目は結構深く見て楽しむ、4回目はキャラクターの相関関係をジックリ楽しむ(あはは、そこまで行くと普通の人に惹かれそうですね^^;)

それに、今は色々見るものが多いためか、何回も読み返すことが少なくなっているような気がします、ちょっと寂しくもあり、また、時代なのかも^^;)

>わざと実際にある商品を身に・・・・・ファンの知識欲を煽ったり・・・・・
漫画のジャンルによりますけど、確かに良く見かけますね(^^;)、でも、その効果として、そのキャラクターが身近に感じるという、効果が大きいのかも(^^;;;;;)、生意気言ってすいません。

後、漫画、アニメ、を見ていると、漫画は1つのこコマに情報を詰め込むため、かなり細かく書かれていますが、同じ漫画のアニメ版を見ると、動かしやすくするためか、かなりシンプルになっていてなるほど、こんな風に変わるんだなと面白く思ったことがあります(^^)

では、最近めっきり涼しく(寒く)なってきたので、風邪に気をつけてお仕事がんばってください。
[2013/11/03 15:19] URL | ふう #- [ 編集 ]

Re: なるほど、m(__)mありがとうございます
ぶっちゃけ、よく聞く「時代を反映している」論って、白井はあまり信用していないんですけどね(^^;)

だって、キャラクターにはいろいろな要素がくっついているものだから、「時代を反映している」的な要素だけを取り上げてしまえばどうとでも言えるんですからw

ま、あまり細かく考えないで、とりあえずいろいろやってみるのが現実的なのかなと思ってます( ̄▽ ̄)
[2013/11/12 22:46] URL | 白井三二朗 #- [ 編集 ]

RE]ぶっちゃけ、よく聞く「時代を反映している」論
>ぶっちゃけ、よく聞く「時代を反映している」論・・・

たしかに・・・・・、「時代を反映している」論って言ってしまうと、

ある作品が売れると、その売れたーって波に乗っかって、いろんなものが出てきますからね、

そうすると、読者も、読んでみるけど、同じような感じになって、目新しさがなくなってきて・・・・、波が引いてゆく

見たいになってしまってしまって、負にイメージになりますね(^^;)
「「時代を反映している」は、売る側の考えが、色濃く出てしまう(^^;;;;;)て感じでしょうか」


まあ、漫画って、目だってなんぼっていうのが根底にあるような気がする(^^;;;;;)んで

今は、見てみると、いろんなジャンルが有るから、色々見ることが出来るのは良いですが、

いかんせん、単行本になる作品が少なくて、悲しく思っています、(雑誌には出ているのに、単行本に出てこない、多分、私の感じ「私的な意見ですが」世に出た作品の1/10とか、1/20とかしか、なっていないのではと思ってしまいます)、それに、大手の古本屋さんに出てくるものも、なんか、似た感じのものが多くて、もっと特徴的な作品もあったのに、あれはどこに言ってしまったの、といつも思ってしまいます。

ーーーーーーーー
っと、おっとと、また熱く語ってしまいました(^^;;;;;)、生意気言ってすいませんですm(_。_)m
[2013/11/13 01:17] URL | ふう #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://sanjirou.blog42.fc2.com/tb.php/413-14a5aef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。